巴尔米拉 遗迹遭毁

发表时间:2018-10-12内容来源:VOA英语学习网

古代都市の栄華を今に伝えるパルミラ遺跡は美しい。画家の平山郁夫さんは「シリア砂漠に咲いた大輪の花」と称賛し、幻想的な作品を残した。廃虚を背景にラクダの隊商が歩む朝と夜の2枚の絵を、ご存じの方もおいでだろう。帕尔米拉遗迹至今仍讲述着古代都市的繁荣。画家平山郁夫先生将其誉为“叙利亚沙漠中盛开的大朵鲜花”,并且留下了仿若幻想的作品。肯定有人知道那两张以废墟为背景描绘的骆驼商队在清晨和夜晚行走的画吧。

パルミラの名は、紀元前1世紀ごろに史上に現れる。交易の要衝として栄えた。東西の物品が集まっては散っていくオアシス都市だった。壮大な神殿を残す廃虚は、古代シルクロードに残る最も魅力的な遺跡と言われて久しい。

帕尔米拉之名,在公元前一世纪左右出现在历史中。起作为交易的要冲而繁荣。它是一座集散东西商品的绿洲城市。留下壮丽神殿的废墟,在很久之前就被称为古丝绸之路遗留下的最有魅力的遗迹。

その世界遺産が、過激派組織「イスラム国」(IS)の手に落ちて最悪の事態になっている。蛮行はエスカレートし、象徴でもあるベル神殿が破壊された衛星写真が先ごろ配信されていた。さらに、残忍なニュースも届く。

就是这一世界遗产在落入激进派组织“伊斯兰国”(IS)之手后陷入了最坏的状态。暴行不断升级,前些日子拿到了作为其象征的贝鲁神殿被破坏的卫星照片。然而,又残忍的消息还在后面。

前のパルミラ博物館長で高名な学者だったハレド・アサド氏が惨殺された。八十余年の生涯をかけて遺跡の保存に尽くした人だ。欧米メディアによれば、捕らわれて貴重な石像物などの所在を問い詰められたが、口を割らず拒み通したという。

前帕尔米拉博物馆馆长,也是著名学者的哈雷德惨遭杀害。他尽80多年的人生致力于保护遗迹。根据欧美媒体,IS抓住他后拷问宝贵的石像的藏匿地,但他闭口不言。

日本からの調査団も再三この人にお世話になり、展覧会で来日したこともあった。遺体は遺跡で見せしめにされたという。あまりの非道に胸が痛い。

日本的调查团也曾再三受到他的照顾,在展览会期间,他也曾来日。据报道他的遗体在遗迹被发现。灭绝人性的暴行令人痛心。

パルミラの歴史は、気高く聡明(そうめい)な女王ゼノビアがローマ皇帝に滅ぼされた悲劇的な物語を秘める。そのローマ軍もベル神殿は壊さなかったと、考古学者の江上波夫さんが書いていた。世界の懸念をもてあそぶように破壊と非道を誇示する集団、もはや史上の禍事(まがごと)である。

帕尔米拉的历史,隐藏着骄傲聪明的女王皮诺比亚被罗马皇帝杀害的悲惨故事。考古学者江上波夫曾写过,即便这些罗马军队也没有破坏贝鲁神殿。玩弄全世界的担忧之心,以破坏和残忍为豪的集团,已经是人类历史上的灾厄了。

来自:VOA英语网 文章地址: http://www.tingvoa.com/html/20181012/595069.html