会标热议 终告段落

发表时间:2018-10-11内容来源:VOA英语学习网

夏を告げる鳥ホトトギスは短歌や俳句で人気が高い。〈ほとゝぎす二十六字は案じさせ〉という江戸川柳を前に紹介したことがある。短歌は三十一(みそひと)文字だが、ホトトギスをお題にすれば五文字は決まる。残る二十六字をさてどう作るか、というユーモアだ宣告夏天到来的杜鹃鸟在短诗和俳句中颇具人气。之前曾介绍过江户川柳【三十一字凑成诗 二十六字除杜鹃】。短诗通常由三十一个文字构成,如果以杜鹃为题就固定了5个字。剩下的二十六个字该如何创作?表达了一种幽默感。

俳句ならもっと短い十七音だから、案じるのは十二音になる。よく似た「類句」ができるのは宿命だろう。いつか見た他者の句がふっと口をつく場合もあるようだ。作家の故・車谷長吉(ちょうきつ)さんもそれでおわびをした

俳句则是更短的十七个音节,需要思考的就变成了12个音节。能够创造出极其相似的【神似句】也是缘分吧。也有的情况是突然间就脱口而出某次曾看到过的其他人的诗句,已故作家车谷长吉曾就此道歉过。

句集の中で2句が盗作の指摘を受けた。その一つが〈ふところに乳房ある憂(う)さ秋暑し〉。これには桂信子の〈ふところに乳房ある憂さ梅雨ながき〉が先にあった。車谷さんは「無意識の記憶」だったと2句とも訂正している

他被批评俳诗集中有两句是抄袭。其中一句是【怀中有乳房 秋暑添忧虑】。这之前有桂信子的前作【怀中有乳房 梅雨添忧愁】。车谷表示是【无意识的记忆】并对2句进行了修正。

物議をかもしていた東京五輪のエンブレムが、白紙撤回になった。他との類似などが指摘されて1カ月余り、真相はともかく、もはや国民の愛着を集める力を失った感は否めない

备受批评的东京奥运会会徽遭撤下。被指出与其他作品相似已有1个多月,真相暂且不说,但无法否认的是已失去了对民众的吸引力。

シンプルな形を組み合わせるデザインは俳句と同様、類似が起きやすいのかもしれない。是と非の境目が素人には分かりにくい。デザイナーの佐野研二郎氏は模倣ではないとしつつ、五輪への悪影響を考えて取り下げを申し出たという

简单的组合造型设计和俳句一样或许容易发生撞车。作为外行难以判断是非对错。据说设计师佐野研二郎氏强调并非抄袭的同时,考虑到对奥运会的恶劣影响而提出了撤销申请。

新国立競技場といい、つまずき続きの五輪である。季節違いをお許しいただいて俳句で締めれば、〈海に入りて生れかはらう朧月(おぼろづき)〉高浜虚子。ざんぶと一度沈んで洗われて、生まれ変わって上がってくる。五輪準備もそうであれ。

先是新国立体育场,紧接着奥运会又遭遇挫折。如果用感恩四季交替的俳句来结尾,便是【海上生胧月 自此乃新生】高浜虚子。咚得一声沉入水底洗白白,焕然一新后重新上岸。奥运会的准备工作也要如此。

来自:VOA英语网 文章地址: http://www.tingvoa.com/html/20181011/594827.html