厕所今昔 翻天覆地

发表时间:2018-10-09内容来源:VOA英语学习网

永井荷風が日当たりの悪い別宅のことを随筆に書いている。「厠(かわや)へ出る縁先の小庭に至っては、日の目を見ぬ地面の湿(し)け切っていること気味わるいばかりである」 永井荷风在随笔中提到过其他一处阳光不好的房子。“每次进入檐廊边的小院子去上厕所,晒不到太阳的地面湿漉漉得直让人恶心”。

西洋の模倣を嫌い、「日本文化の過去の誇り」に生きた荷風だったら、今日の洋式トイレの隆盛をどう思うだろう。今でも和式が多く残っているとされる小学校でさえ、洋式化の波に洗われているらしい。小林製薬が2010年に小学生らを対象に調査したところ、通学先には和式が多いという答えが8割近くあったが、昨年の調査では6割に減った

厌恶模仿西洋,一生为【日本传统文化而自豪】的荷风看见今天西式厕所的兴盛会作何感想?即便是现在仍保留较多日式厕所的小学,也正在接受西式文化的波浪冲刷。小林制药在2010年面向小学生进行过调查,有近8成回答上学的地方日式厕所多,但在去年的调查众减少至6成。

臭い、汚い、暗い……。和式は児童に嫌われる。家で洋式に慣れているから、学校で用を足すことに抵抗を感じる子も少なくない。我慢し過ぎれば健康を損ないかねない

臭、脏、暗……。孩子们不喜欢日式厕所。因为在家用惯了西式的,还有不少孩子对在学校大小便有抵触感。憋太久可能损害健康。

トイレの環境は大切だ。とはいえこれはどうだろう。「女性が輝く」政策の一環として、女性にとって「快適なトイレを増やす」と政府が掲げた。雇用や子育てをはじめ、もっと他にやることがあるだろうという反応も出た

厕所的环境很重要。不过,以下这则新闻作何评论?作为【女性闪耀】政策的一环,政府提倡为女性【增加舒适厕所】。也有人反馈,除了以雇佣与养育为主,还有其他更多可以做的事情吧。

政策に沿って「日本トイレ大賞」も設けた。脱力を誘うような命名だが、先日表彰された中に目を引く試みがあった。大分市で開催中の芸術祭「おおいたトイレンナーレ」だ。名づけの遊び心は政府を上回る

按照政策还设置了【日本厕所大奖】。虽然这个命名让人顿感无力,但前段时间被表彰的项目中有些尝试吸人眼球。比如正在大分市举办的艺术节【变身大分厕所】。取名的乐趣心就超过政府。

街中のトイレを美術家らが思い思いに飾り、彩る。密室の最たるものであるトイレを、アートの力で「開く」のだという。それによって街を開き、人を招き、活性化につなげる。斬新だ。荷風の「厠」ははるかに遠い。

美术家们各随己愿装饰、打扮街头的厕所。据说要用艺术【打开】厕所这个终极密室。从而开放街镇、吸引人流并促进活力。面目崭新。荷风的【厕所】已一去不复返。

来自:VOA英语网 文章地址: http://www.tingvoa.com/html/20181009/594305.html