スズメになった若者

发表时间:2018-08-10内容来源:VOA英语学习网

むかしむかし、あるところに、貧乏ですが正直者のおじいさんとおばあさんが住んでいました。 ある日、おじいさんがいつものように山へたきぎを取りに行くと、どこからともなく、おいしそうなお酒のにおいがただよってきました。

(はて、不思議な事もあるものだ)

おじいさんがにおいのするほうへ歩いていくと、竹やぶの前に出ました。

すると、どうでしょう。

竹やぶの中には竹でできた酒だるがあって、スズメたちがそのまわりで、チュンチュンと楽しそうにおどっているのです。

(これはこれは、なんて可愛いスズメたちだ)

おじいさんがニコニコして見ていたら、一羽のスズメが飛んできて、

「さあ、おじいさんもお酒を飲んでください。このお酒を飲むと良い事が続いて、きっと幸せになりますよ。チュン、チュン」

と、いうのです。

おじいさんはスズメたちのところに行って、そのお酒をごちそうになりました。

「うん、これはうまい」

こんなおいしいお酒は、今まで飲んだ事がありません。

それに一口飲んだだけで、心がウキウキし、体が元気になってくるのです。

すっかりご機嫌になったおじいさんは、スズメたちと一緒になっておどりはじめました。

♪酒がうまいぞ、いい気持ち。

♪チュン、チュン、チュン

♪はあ、こりゃこりゃ

♪チュン、チュン、チュン

おじいさんのかけ声にあわせて、スズメたちもおどります。

もう楽しくて楽しくて、おじいさんは時間のたつのも忘れてしまうほどでした。

やがて夕方になって、ようやくおどりが終わりました。

「いやあ、楽しかった。ありがとう」

おじいさんはスズメたちにお礼を言って、帰っていきました。

さて、おじいさんの家のとなりに、なまけ者の若者が住んでいました。

おじいさんの話を聞くと、若者もそのお酒が飲みたくなって、次の日、さっそく山へ出かけていきました。

お酒のにおいのするほうへと歩いていくと、おじいさんの言ったとおり竹やぶがあって、スズメたちがお酒を飲みながらおどっています。

若者は、竹やぶに入っていくなり、

「おい、おれにもその酒を飲ませてくれ」

と、言いました。

するとスズメたちは、首をふって言いました。

「このお酒を飲むと、とんでもない事になるから、やめたほうがいい。チュン、チュン」

「うるさい。はやくよこせ!」

若者はいきなり酒だるをつかむと、一息にお酒を飲んでしまいました。

すると、どうでしょう。

若者の体はみるみる小さくなっていき、口は口ばしに、手は羽に変わって、とうとうスズメになってしまったのです。

スズメになった若者は竹やぶを追われて、チュンチュンと鳴きながら、どこへともなく飛んでいきました。

そしておじいさんの家では、スズメたちが言ったように良い事が続いて、やがて村一番のお金持ちになったという事です。

来自:VOA英语网 文章地址: http://www.tingvoa.com/html/20180810/580579.html