拳王阿里 与世长辞

发表时间:2018-06-14内容来源:VOA英语学习网

プロボクシングの人気者になった黒人青年が、名前をカシアス・クレイから、イスラム風のモハメド・アリに変えた。白人優位を批判するイスラム教のグループの影響を受けて、改宗していた。奴隷にされた先祖が所有者から与えられた名前を返上する意味もあった。

成为职业拳击赛中人气者的黑人青年,抛弃了原本的名字“卡米亚斯•科雷”,改为具有伊斯兰风格的名字“穆罕默德•阿里”。他受到批判白人优越性的伊斯兰教团体的影响,改变了自己的宗教信仰。他这么做也有把奴隶主“恩赐”给祖先的名字还回去的意思。

改名は、強い批判にさらされる。彼は後に、作家のトマス・ハウザー氏に悔しそうに語っている。「もし俺が白人の思うようなもっとアメリカ的な名前が欲しくて……スミスとかジョーンズとかに改名したなら、誰も文句はつけなかったろうよ」。

改名这件事,受到了强烈的批判。后来,他对作家托马斯氏表露了后悔之意。“如果我如白人所想的那样,改个更具美国风的名字……如果改为诸如史密斯或约翰,那么谁都会说什么了吧。”

74歳で亡くなったモハメド・アリ氏は、間違いなくアメリカの英雄であった。弾むようなフットワークと鋭いパンチで観衆を魅了し、みたび王座に就いた。しかしその生涯は、自分の国との距離を測りかねていたように見える。

74岁去世的阿里,无疑是位美国英雄。灵敏的步伐和快速的出拳让观众如痴如醉,他也因为坐上了拳王宝座。但是,他的一生或许是丈量与自己国家距离的一生。

アマチュア時代の1960年、ローマ五輪で金メダルに輝いた。誇らしく帰国したものの、レストランでは「黒人はおことわりだ」と言われた。屈辱と衝撃と孤独を感じたと、自伝にある。

在1960年的业余选手时代,他获得了罗马奥运会的金牌。他满怀自豪的回国,却在餐厅遭人羞辱,“不需要黑人。”他在自传中写下了当时感到的屈辱、打击和孤独。

ベトナム戦争に反対して徴兵を拒否し、王座を剥奪(はくだつ)された。人びとが無益に死んでいくのが耐えられなかった、と後に語っている。「すべての人が考えるべき抵抗だった……自由とは自分の信念を守ることができるということだ」。

他反对越南战争并 拒绝服役,由于被剥夺了拳王称号。后来他说,他无法忍受人们毫无意义的死去。“所有的人应该考虑的是抵抗……这样才能保护自由和自己的信念。”

アリ氏はかつて、試合相手をこきおろす弁舌で知られた。それは社会や政治にも向けられた。もう一つの重く鋭いパンチを、アメリカはどれだけ真摯(しんし)に受け止めてきただろうか。

阿里曾经驳倒过比赛对手,因而广为人知。他也是用这种方式对待社会的政治的。美国究竟会以何种诚意来接受阿里另外一记重拳呢?

来自:VOA英语网 文章地址: http://www.tingvoa.com/html/20180614/565613.html