第十九章:中国考古~中国古代の「シルクロード」

发表时间:2018-05-17内容来源:VOA英语学习网

2000余年前に中国で始まった貿易の古道「シルクロード」は世界的に有名で、中国と欧州・アジア・アフリカ諸国間のかけはしとして、東方と西方の物質や文明の交流に重要な貢献を果たしました。

「シルクロード」は、中国古代に中央アジアを経由して南アジア、西アジアおよび欧州、北アフリカに通じる陸上の貿易交流の道です。多くの中国産シルクと絹織物がこの道を経由して西に運ばれたため、「シルクロード」と呼ばれるようになった。「シルクロード」は、紀元前1世紀の中国漢代に形成され、当時の「シルクロード」は、南への道は西、現在のアフガニスタン、ウズベキスタン、イラン、最も遠いエジプトのアレクサンドルシティーにまで通っていました。もう一つの道は、パキスタン、アフガニスタンのカブールを経てペルシア湾に通じていました。カブールから南だと、現在のパキスタンのカラチに通じ、海路を経てペルシアとローマなどにも通じました。

紀元前2世紀から「シルクロード」に沿って、西から東まで、四大帝国、すなわち欧州のローマ帝国、西アジアのパルティア(Parthia,イラン古代奴隷制国家)、中央アジアのクシャン(Kushan,中央アジアおよびインド北部を支配下に置いた帝国)、東アジアの中国漢代がそこに並んでいました。「シルクロード」の形成により、これらの古代文明が互いに直接交流し影響し合うようになり、その後も、いかなる文明の発展も相対孤立するものではなくなりました。

「シルクロード」の複雑な道を通して、東西は頻繁に往来するようになりました。中国古代文献の中に記載された多くの「胡」という字のある植物、例えば、「胡桃」、「胡瓜」、「胡椒」、胡羅卜(ニンジン)」などは、多く西側から伝わったものです。7世紀から9世紀までの唐の時代、「シルクロード」は最も盛んで、中国と西側諸国との交流は最も繁栄していました。西側の珍しい禽獣、珠玉宝石、香料、ガラス製の容器、金銀通貨および西アジアと中央アジアの音楽、踊り、飲食、ファッションなどが次々と中国に伝わりました。それと同時に、中国の物産と技術も「シルクロード」を経由して世界各地に伝えられました。例えば、シルク、農業と養蚕、紙、印刷術、漆器、磁器、火薬、羅針盤などは、世界文明に重要な貢献を果たしました。

物質貿易を行なうと同時に、「シルクロード」を経由する文化交流も非常に活躍していました。世界3大宗教の一つである仏教は、西漢(前206-220)の末年に、中国に伝えられました。3世紀に発見された新疆のキジル(克孜尓)千仏洞には、現在、1万平方メートル近くの壁画があり、仏教がインドから中国に伝えられたルートを記録しています。推測によると、仏教はインドから「シルクロード」を経て、新疆のキジル、それから甘粛省の敦煌、また中国内地に伝わりました。「シルクロード」に沿って残された仏教石窟、例えば敦煌莫高窟、洛陽の龍門石窟などは、東方と西方の芸術風格を融合しており、「シルクロード」での中国と西方の文化交流を証明するものです。また、現在、世界文化遺産にも指定されました。

9世紀以降、欧州とアジアの政治、経済の情勢の変化は、特に航海技術の進歩に伴い、海運での貿易の役割は日増しに著しくなり、この伝統ある古い陸路での貿易は次第に衰えました。10世紀の中国宋代の時、「シルクロード」は貿易のやりとりとして利用されることは少なくなったということです。

「シルクロード」という古い路は、長く、そして歴史も古い。また、世界文明でも重要な役割を果たしました。ここ数年来、ユネスコ・国連教育科学文化機関が発起した「シルクロードの新研究計画」には、東方と西側の対話と交流を促進するため、「シルクロード」を「対話ロード」と称するようになったとされています。

来自:VOA英语网 文章地址: http://www.tingvoa.com/html/20180517/558667.html