逃避可耻 如此情侣

发表时间:2018-03-14内容来源:VOA英语学习网

「逃げ恥(はじ)ロス」に陥る方もおられようか。TVドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」がおととい最終回を迎えた。夫婦とは何か、カップルとは何だろうと考えさせられた。新垣結衣(あらがきゆい)さんと星野源(げん)さん演じる主人公の男女は、家事が給料制の「契約結婚」をする。

或许有人会因“逃跑羞耻”而彷徨吧。电视连续剧《逃跑可耻但有用》在前天结束了。何为夫妇、何为伴侣,它引发了人们的深思。新垣结衣和星野源所饰演的男女主人公,过着家务工资制的“合同婚姻”。

一緒に暮らす二人は心を通い合わせていくが、ときに気持ちが離れそうにもなる。男性は言う。生きていくのは一人でも二人でもそれぞれ面倒臭さがある。「どっちにしても面倒臭いんだったら、一緒にいるのも手じゃないでしょうか」。

虽然一起生活的两人过着心意相通的日子,但有时也会感到厌倦。人活在世总会碰到一、二个特别麻烦的人。男主角说,“既然左右都是麻烦,那么一起生活也不失为一种方法么?”

主人公のおばの49歳の独身女性は、17歳年下の男性からの求愛を悩んだ末に受け入れる。「年齢に呪縛されていた」自分を乗り越えて。ゲイの男性は、勇気を出してメール友だちに会う。人と人が寄り添うかたちの多様さを温かく描いた。

主人公的阿姨是位49岁的单身女性,她因被未满17岁的男孩求爱而陷入迷茫,但最后还是接受了他。她超越了“被年龄束缚的自己”。一位是同性恋的男子鼓起勇气去见了网友。这部电视剧用温柔的镜头描绘了人与人之间互相依赖的多样性。

ドラマに比べて、こちらはおせっかいが過ぎたか。内閣府の検討会が、企業のなかで既婚者を「婚活の指導者」とする案を作った。結婚の押しつけになると反発されて引っ込めたが、そもそも役所が首を突っ込む話なのかどうか。

与电视剧相比,这里是否做得太过分了?内阁府的讨论会制定了让企业中的已婚人士担任“婚姻生活指导者”的提案。面对这种类似强迫婚姻所引发的反弹,政府认为其理应出面处理,不知道大家意下如何呢?

「一人の生活を続けても寂しくない」と考える若い人が増えている。そんな調査も目にする。お金や気持ちの余裕が失われ、誰かと暮らすことのハードルが高くなっているのだろうか。

“即便一直一个人生活也不会觉得寂寞”,带有这种想法的年轻人越来越多。我也看到过此类调查。一旦失去了物质和精神上的余裕,和其他人一起生活的门槛也会随之变高吧。

話し合ったり、それも無理なときは時間を置いたりしようと、ドラマの主人公は言う。「だましだましでも」何とかやっていこうと。人が一緒に暮らすとは、きっとそういうことなのだろう。

为了能够对话,为了熬过困难的时候,“无论如何”总要做点什么,这是电视剧中主人公的观点。而与他人一同生活,想必也是方法之一吧。

来自:VOA英语网 文章地址: http://www.tingvoa.com/html/20180314/542270.html